学園城郭都市ふじと台 環境 安心安全

防犯セーフティ都市宣言

ふじと台は街への入り口を3カ所に限定し、広い道路、歩道を設け街路樹、防犯灯をいたるところに配置し、
夜でも明るく死角の少ない街づくりを目指して街全体の防犯性を高めています。

F・S・S/ふじと台セキュリティサポート

住民、子ども達が安心できる環境を目指しF・S・Sが防災、防犯に努めています。

広々公園、広い歩道

ふじと台内には小さなお子様も安心して遊べる広々とした公園が点在しています。歩道も広く歩行者専用道も随所に配置しています。

夜も明るい街並み

ふじと台の街は夜でも安心できる街並を目指し、街路樹、防犯灯をいたるところに設置し、夜でも明るい死角の少ない街づくりを目指しています。

低地より高台。地震、津波などの天災に備える。

学園城郭都市ふじと台は和歌山市が発表した震度分布予想図や液状化危険度分布予想図においても比較的危険度が低い地域に属します。また地域的に高台で、岩盤が多い地域に位置し、安全な環境といえます。

和歌山市 震度分布予想図

この図から和歌山市の中心部では「震度6弱」、一部で「震度6強」が予想されています。「ふじと台」は震度5弱の予想地域にあり、和歌山市の中では比較的、地震の揺れが少ない地域に位置します。
※上記図は、東海・東南海・南海地震同時発生M8.6程度
※和歌山市総合防災室資料より
※都市圏活断層図は「国土地理院技術資料D.1-No.333より抜粋」

和歌山市 液状化危険度分布予測図

埋立地及び平野部を中心に危険度の高い地域が分布すると予測されています。「ふじと台」は液状化危険度が「極めて低い」と予測される地域に位置し、和歌山市の中では液状化の危険性が低いと予測されています。
※上図は、中央構造線の自身M8.0程度
※液状化とは、地震により地盤が一時的に液状のようになる現象です。埋立地や河口など水分がたくさん含んだ砂質の地盤で発生する現象で、地盤の上の建物を傾かせたり沈ませたりします。
※和歌山市 総合防災室資料より